何気ない日常会話ほど外国語に訳すことが難しいです。コツをお伝えしていきます。

男言葉と女言葉

既知の事か常識なのか

受け手にとって既知の事か常識なのかを考える事が必要です。
そうでないのなら伝える必要が有ります。
日本語と中国語では線引きが違います。
中国語は多くを語る事を良しとして確認しながらコミュニケーションを取る傾向が有ります。
日本語は言葉以前の信頼関係や前提などでコミュニケーションを取ります。
温度差が有りますので、本来の意図に反する翻訳になる可能性が有ります。
雰囲気を漠然と理解する事が出来ても日本語と中国語の間に大きな境界線が横たわっています。何が省略されているのかに意識を向けて翻訳する必要が有ります。
中国語から日本語に翻訳する場合、そのまま置き換えれば説教臭くなりますし、尊大にも聞こえます。
かと言って省略すれば怠慢に思われてしまうので、このギャップを埋める意識を持つことが大事です。

中国語の特徴

その場限りではない不動の道理を中国語ではよく使います。
誰もが正しいと認める情報や納得出来る話を持ち出しそこから入って核心に迫ります。
中国語の癖を知っておくことが必要です。
日本語では省略するのが普通です。
初めに理があるのが中国語で初めに相手があるのが日本語の特徴です。
相手との人間関係も含めた言葉にしなくても暗黙の内に通じている事です。
誰もが知っていることを強調したり押し付けるような形で話す習慣が中国語には有ります。
言葉の意味を明らかにするだけでなく余分な誤解を与えないようにするにも翻訳する時には大事です。
言語の違いによる違和感を感じさせるような翻訳は避ける必要が有ります。
自然に思えるような言葉に翻訳するのがスマートです。


この記事をシェアする