何気ない日常会話ほど外国語に訳すことが難しいです。コツをお伝えしていきます。

中国語とは何か

リアリティを追求

言葉をリアルに追い詰めた先に見えない世界に到達してしまう表現に満ち溢れているのが中国語では有ります。
日本語にはないリアリティを追求します。日本語に翻訳する時は抽象化する作業が求められます。
日本語のリアルなものを徹底的に隠蔽し目隠しし包み込もうとするシステムは日本の家にある押入れに似ています。
日本語の動詞を中国語に翻訳する際に細かい動作に言及する必要が有ります。
中国語では動詞に込められる情報量の多さや正確さから発言の信憑性をチェックするところが有ります。
日常用語に距離を置き専門用語を作る事が多いのが日本語の特徴です。
中国語にはありません。
どういうものかを説明する言葉を省略する日本語とより詳しく説明する中国語の違いは認識する必要が有ります。
省略する言葉が無い時も有ります。
類推する事でどういうものかを考えます。
中国語では意識的に説明する必要が有ります。
最初は慣れませんが慣れるまでの辛抱です。

翻訳会社を選ぶポイント

日本語は文中での形容詞、形容動詞の使い方が寛容です。
話し手の自由が認められています。
例えば真面目な野菜などです。
味覚から離れる使われ方をしていても意味が理解されます。
中国語ではありません。
日本語では正反対の言葉と対立させることを避けます。
最初からプラス要素のみが有りその反対の言葉が容易に連想できない言葉を使いたがるところがあります。
否定形すら存在しにくいのは不思議な所です。
逆に中国語ははっきりと対立させる特徴があります。
日本語から翻訳する場合、物足りなさを感じる事があります。
日本語でシンメトリーな言葉を避けているのに中国語ではそっけない翻訳になりがちなのはそういう理由があります。
このような細かな違いがしっかり理解している翻訳会社を選ぶ事が大事です。


この記事をシェアする